草とりしました!『畑の学校』第2回


ふくしま大豆の会「畑の学校」草取り  8月6日(土)

6月11日に種を蒔いた大豆も順調に育ち、今回は青空のもとで畑の草取りを行いました。

『いなわしろ農夢21』(猪苗代町)から借りているふくしま大豆の会の畑では、スクスクと育った大豆から、かわいらしいうす紫の花が咲いていました。

『いなわしろ農夢21』の秋山代表から、どれが抜いていい雑草なのかをしっかりと教り、

人の手でしか取れない、大豆の茎まわりの草を丁寧に取り除きます。大きな雑草はそのまま引き抜くと大豆も一緒に抜けてしまうかもしれないので、足で軽く地面をおさえて草を引っ張るのが“コツ”なんですって!

 気持ちのいい風が吹いてはいますが、やはり炎天下。「無理しないで休憩しましょう!」のかけ声でひと休み。テントの日陰で水分と塩分を補給して、熱中症対策もバッチリ。


お昼は、近くの白山神社の境内で。涼しい風が吹き抜ける木陰で聞えるセミの声はなぜか涼しげに感じます。

 今日のお弁当は大豆の会の味噌を使った「焼きおにぎりお弁当」。『いなわしろ農夢21』さんより、もぎたてのとっても甘いとうもろこし(ホワイトリッチ・しあわせコーン)と枝豆(ゆあがり娘)、丸ズッキーニの浅漬けなどを差し入れて頂きました。どれもこれも美味しくて、参加者から「どうしたら、こんなに美味しく茹でられるの?」と盛り上がり、楽しいひとときとなりました。

お昼のあとは、もう一つのメインイベントの「スイカ割り大会」です。

日本すいか割り推進協議会認定ルールに大豆の会の特別ルールを加えて実施しました。木刀やバットなど好きな棒を選んで、手ぬぐいで目隠しをします。何回もたたく方、一発で割れた方、地面ばかりをたたく方など、みんなで大笑いしながらのスイカ割りになりました。もちろん、割れたスイカはみんなで美味しくいただきましたよ。

次回は11月12日の「収穫」です。みんなで収穫を祝いましょう!お楽しみに!

カテゴリー: 畑の学校   パーマリンク