食の祭典『おいしい ふくしま いただきます!』
フェスティバル2015に出展


9月12日(土)/13日(日)ビッグパレットふくしま(郡山市)にて県内最大級の食の祭典「おいしい ふくしま いただきます!」フェスティバルが開催されました。このイベントは、福島県の豊かな農林水産物やそれらを活用した加工品、名物料理など福島ならではの「食の魅力」 と県産農林水産物の安全性を、県内をはじめ全国へと発信し、県産農林水産物の 風評払拭と消費拡大を図るため開催されています。今年の来場者数は二日間で4万8千人と大盛況でした。その賑わいぶりと大豆の会の出展ブースの模様をお届けします。

オープニング

tensen

いたふく組写真01
いたふくスタート早速アピール開始!
天気にも恵まれて、開場時間の前に既にたくさんのお客さん!時間を早めて開場。中に入るとすぐに美味しそうな匂いがしてきます。入り口近くに「ふくしま大豆の会」ののばり。オープニングは郡山第三中学校吹奏楽部のみなさんの華やかな演奏で幕開けです。わたしたちのブースではふくしま大豆の会の商品がずらり!おいしさを実感してもらいたい「刺し身こんにゃく」「もめん豆腐」「油揚げ」をみなさまに試食していただきました。
試食でのひとこまをご紹介します。お豆腐大好きな子もパクリ!「おいしいお豆腐ですね。離乳食でもよく食べさせています」とお母さん。「この豆腐、しっかりした大豆の味がする!」「醤油なしでもおいしく食べられる。」と大好評。


tensen
itafuku_midashi02
いたふく組写真02


『油揚げ』は大豆の会の味噌とみりんを混ぜたものをのせて焼いたものを試食していただきました。若い世代の方たちも「こんなに簡単に美味しいおつまみ。最高!」。「今日の油揚げで晩酌にするので。」とお父さんが購入されていました。あらたな『油揚げ』の美味しさを多くの方に知っていただきました。 『さしみこんにゃく』は、素材の味がわかるように、ポン酢で食べていただきました。
itafuku04

カテゴリー: イベント   パーマリンク